スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

メリークリスマス(Shasha Doll)

クリスマスまであと少しなりました。

Shashaの仲間が増えました。
Silk White Dressの2人です。
本当は一人来るはずだったんですけど・・・。
あれ、この本読んだことがあるというのを買ってしまってから
気が付いたり。人形にもやってしまいました。
落札していたのに気が付かず、だぶってしまいしたが、これも
双子ということで、勝手に納得しています。

クリスマスリースはフラワーアレンジメントの教室で作りました。
樅は、カナダ産のものでやわらかく密生していて高級なものだそうです。
クリスマスまで、玄関に飾っておきましょう。

クリスマスの雑貨を見るのはとても楽しいですね。
ミニチュアっぽいオーナメントを見つけるのは心躍ります。
今回は、買いにゆくのが遅かったので、目をつけていたのが売り切れていて
残念。来年は早めにゲットしましょう。
IMGP2162_convert_20131215132025.jpg

セーター姿のこの子の着ているいるのは、
ジョージというSasha dollの男の子が
着ているものです。カタログを見ると、女の子が着ている場合も
あります。こんなボーイッシュな感じが好きです。
IMGP2167_convert_20131215132119.jpg

シルクの白いドレスの二人です。
薄いブラウンの髪の毛のこの子たちは茶色の目をしています。
同じ髪色で青い目の子もいます。
IMGP2168_convert_20131215132154.jpg

2人のアップです。
IMGP2169_convert_20131215132320.jpg

我が家の人形たちは、ガラスの扉のついて棚に飾っていますが、
Sashaたちは、リビングの棚に並んでいます。
帰宅してこの子たちを見ると、ほっとしたりします。
少し遠くから見ると、小さな女の子達の可愛らしさがよく伝わってきます。
それぞれセーターを着せたくて、編み始めました。
さぁ、これからとりかかります。

スポンサーサイト
.15 2013
Sasha doll comment(0) trackback(0)

SASHA DOLL(スモッキングのワンピース)

桜もあっという間に散ってしまいました。
桜は咲いていても、春本番の暖かい陽気ではなかったので、
お花見という気分ではありませんでしたね。

スモッキング刺繍のワンピースを作りました。
ギンガムチェックの格子の大きいと、スモッキングの柄も大きくなって
何の模様かわからなくなるので、小さい格子でやりました。
しかし、次はどこを刺すの???で苦労しました。
単純なステッチを組み合わせても、それなりにできました。

真ん中の茶色のギンガムのドレスは、Sashaがよく着ている水色の
ギンガムチェックのワンピースをばらして型紙をとり、つくりました。
襟をつくるのが一番難しかったです。
sasha doll

試行錯誤という言葉が身にしみました。
最初からうまくいくはずありません。完成したときは嬉しいのですが、
やはり、失敗したというところもあります。
でも、また作ろうと思います。
sasha doll

前回登場した、セーター姿のお人形たち、オリジナルのドレスを着て再登場です。
ギターを持っている子は麦わら帽子がありますが、被せていません。
sasha doll

茶色のギンガムチェックの子は、後期製造されたものだと思います。
瞳の感じが違うのと、ストレートヘアです。オークションでみると、
高い値段がついていることが多いです。
左の金髪の子が着ているのは、コードドレス(code dress)といって、
このパターンで色や素材を変えて何種類かあります。
この子、他のこより大きい。今回、並べてみてわかりました。
sasha doll

最近は、タミー達はお休み中です。
Sasha dollのドレスがうまく作れるようになったら
必ずタミー達のドレスも作る予定です。
タミーで検索して来ていただいた方には申し訳ありません。
.14 2013
Sasha doll comment(0) trackback(0)

Sasha doll(セーター)

寒さも和らぎ、やっと暖かくなりました。
なのに、セーター姿のSasha達です。

やっぱり、作っているときは楽しいです。
時間はかかりますけれどね。
この2人はニューフェイスです。左側が「Harlequin」
1984年に作られました。右側はちょっと不明です。複数のドレスと
いっしょに買ったので、オリジナルドレスがわかりませんでした。
たぶん、赤いワンピースを着ているタイプだと思います。
この子はちょっと浅黒い肌をしています。

ズボンは、着なくなった私のものを使って、作りました。
今回は、ミシンの操作も慣れてきたので、
ズポンのステッチもまっすぐに綺麗に縫えました。

sasha doll

Sasha Dollについては、「Sasha dolls The History」と
「Sasha dolls Clothing and Patterns」の2冊があり、
後者は型紙付です。こっちは、アマゾンでは見つかりませんでした。
Sasha Dolls: The HistorySasha Dolls: The History
(2011/08/01)
Anne Votaw、Ann Louise Chandler 他

商品詳細を見る
Sashaの歴史がわかる1冊です。
私が持っているタイプ以外にも、たくさんの
Sashaが載っています。


型紙が付いている方の本は、セーターや帽子や編み物系の作り方も載っているのですが、
外国の編み方は記号の羅列で、ちんぷんかんぷんでした。編み方の記号の日本語訳を
載せているサイトを参考にさせていただいて、なんとか解読。
日本の編み物の本は本当に親切です。まったくわからない部分も、編み方がだいたい
わかっているので、できました。
sasha doll

先日、お人形の催事に行ってきました。
私の守備範囲ではないのですが、SDと呼ばれているお人形たちのイベントでした。
初めて行ったのですが、私は洋服とか小物に興味があったので、それなりに楽しめました。
お人形にもいろいろな世界があるのねと感心して帰ってきました。

その時の収穫です。手織りのマフラーとお人形の眼鏡です。
眼鏡はサイズが合うか不安でしたが、ぴったりでした。
sasha doll
.17 2013
Sasha doll comment(2) trackback(0)

SASHA DOLL(洋服をつくりました)

明けましておめでとうございます。(ちょっと遅すぎ)
今年も皆様に見ていただけるよう、細々と頑張ります。(やる気はあるんです)

年末からお正月にかけて、必死で作っていた洋服ができました。
シャツはSashaのボディに直接キッチンペーパーを当てて、型紙を作り、
一度、仮縫いをして作成。
しかし、何度やり直したことか、台襟つきにしたので、手順を間違ってはこれも
やり直しでした。

セーターは一度作ったのがあり(これは大きすぎました)、これをを参考に
一度で成功。
スカートもすんなりとできました。

最近はお人形の洋服づくりの本がいろいろあって、とても役立ちました。
ブログ等で公開されている方もいますね。
しかし、Sashaのサイズでこんなに苦労するのに、6分の1ドールやもっと
小さいお人形の服は、考えるだけでたいへんそう。

Barbieのコレクターのサイト(Barbie Collector)で、
ファッションモデルコレクションの動画があって、デザイナーの人が出てきたり、
実際にBarbieを作っているシーンがあるのですが、ミシンは日本のJUKI
でした。ドレスを縫ったり、植毛している方はアジア系の人たちでした。
やっぱり器用なんでしょうか。
とっても素敵な動画だったので、興味のある方は見てください。

なんとかできた洋服です。イギリスの小学生ってこんな感じかな。
sahsa doll

Sashaが持っているのは、ストラップ付で売っていたノートと小さなピアノの教則本です。
これもノートになっています。
小さいものって心魅かれてしまいます。
sasha doll

紺のコートはSashaの既成のものです。
Sashaの洋服は本当にシンプルだけどとってもセンスがいいでしょ。
こんなのもいつか作ってみたい。チェルニーの教則本を持たしました。
sasha doll

2人で。
今回で、洋服づくりに目覚めました。私の古いシャツの生地でシャツを作っているので、
また、ご覧いただくことになると思います。タミーのドレスも作れるようになりたい。
sasah doll
.14 2013
Sasha doll comment(5) trackback(0)

Sasha Doll(レースのつけ襟)

レースのつけ襟の本を見つけたので、Sasha達に作ってみました。
まず、細めのレース糸で編み図通りに試し編みしてみます。
それでもって、適当に目数や模様の大きさを調整します。
一度ではうまくいきませんが、それなりにできたのがこれです。

クロッシェレースの衿飾りクロッシェレースの衿飾り
(2012/05/18)
小瀬 千枝

商品詳細を見る
今回、参考にした本です。小瀬千枝さんは大好きな作家さんです。


日本のレース糸は極細サイズのはないみたいで、外国のレース糸で再度挑戦
してみようと思います。
sasha doll

さぁ、Sasha達に付けてみましょう。
ブローチは昔、買った安物のイヤリングの金具を取って、代用しました。
もう、使いませんしね。
sasha doll

次のSashaです。ちょっとブローチとしては大きすぎかも。
sasha doll

細いリボンがあったので、通したらぴったりでした。
sasha doll

3人一緒に。
sasha doll

先日、会社の同僚たちが拙宅に遊びにきました。
今まで、来た人には一応、こんなん持ってますけどというのりで、お人形をみせたりしてました。
やはり興味のない人にとっては、「ふーん、すごいわ」で終わってしまうんですね。
それは、仕方のないことで、別に気分を害しているわけではありません。

ところが、今回の彼女たちは予想外に楽しんでくれました。
タミーたちを勢揃いさせると、みんな座り込んで、裸のタミーにドレスを着せて
嬉々としていました。「このドレスにはこの帽子で合ってる?」とクイズみたいなこと
もやってました。世代としては、10年遅れの彼女たち、小さいときにみんなでやった
着せ替え遊びの再現のようでした。
職場では仕事をしっかりやっているみんなが、幼い少女の笑顔を見せて、年の離れた姉の
ような気持ちで見てしまいました。
今度は、タイラーの着せ替えを予定しています。
楽しい1日となりました。大人の着せ替え遊びもいいかもしれませんね。
.25 2012
Sasha doll comment(6) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

tammyrose

Author:tammyrose
幼い頃にタミーちゃんを買ってもらって宝物のようにしていました。高校生の頃に私の部屋で内藤ルネのアンティークドールを見ていつか私もと思っていました。
社会人になってからは、お人形のために働く毎日です。絵を描くのも大好きで、最近コレクションのお人形をモデルに絵を描いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

いらっしゃいませ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

おすすめの本

おとぎの国に迷い込んだような世界です。

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

にほんブログ村

フリーエリア

昔のバービーのTVコマーシャル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。